• このエントリーをはてなブックマークに追加

インクジェットの価格相場と魅力

一般家庭やプリントの量が少ないオフィスなどで利用されているインクを利用したインクジェットプリンターは速度は遅いものの、クオリティの高い画質は写真などのプリントに最適です。また、インク式はプリンター本体の相場も購入しやすい価格帯のものが多く、中には1万円を切るプリンターも見かけることが多くなった上、大きさもコンパクトサイズのものが主流で場所を取らないのも家庭で普及した要因のひとつです。更には紙以外の布や樹脂にもプリント可能な機種が開発されており、今後あらゆる分野での活用が期待されています。

カラープリントで発揮されるクオリティ

インクジェットプリンターは複数のノズルを持ったインクヘッドから吐き出されたインクで一行ずつプリントと紙送りを繰り返しながらプリントを行います。プリンター本体もしくはパソコンのアプリケーションが持つプリント機能の解像度を選択することによって、プリントの品質を変えることができることが大きなポイントで、大量にインクを消費するものの高解像度でプリントしたときのクオリティの高さは写真やポスターなどのプリントに最適です。これはプリンターの用紙送り量を制御することによるもので、一行改行するまでにインクヘッドを往復させて画像の濃淡を細部まで再現します。これによりカメラ屋で現像したような、クオリティの高い仕上がりのプリントが家庭やオフィスで手軽に行えるようになりました。

財布に優しい6色タイプの交換用インク価格

インクジェットで使用するインクには、染料インクを使用する黒、青、赤、黄の4色タイプと、それにグレーと顔料インクの黒を加えた6色タイプがあります。顔料インクの黒はにじみが少ないため主に文字をプリントするために適したインクで、染料インクは鮮明な色を再現するのに適したインクです。4色の場合は黒以外の3色が一体型になっていることが多いので、特定の色を大量にプリントして1色でもインク切れすると3色分のインクを購入しなければならないので、若干コストが高くなることがあります。6色はそれぞれ独立しているので、無くなった色だけ購入すればよいため4色に比べると経済的です。価格相場は4色タイプのセットが3,500円前後、6色タイプのセットが6,000円前後です。しかし、6色タイプは1色あたりが1,000円前後と経済的でもあるため、現在の主流となっています。

ピックアップ記事

インクジェットの価格相場と魅力

一般家庭やプリントの量が少ないオフィスなどで利用されているインクを利用したインクジェットプリンターは速度は遅いものの、クオリティの高い画質は写真などのプリントに最適です。また、インク式はプリンター本体...

インクジェットカートリッジの取替回数について

最近では家庭用のプリンターはインクジェットタイプのものが大半になってきています。美しくプリントすることができるというのが特徴であり多くの人に受け入れられています。特に写真などを印刷する場合には美しく作...

短い納期で仕上がりもきれいなインクジェットプリント

インクジェット印刷はオフィスや家庭で活躍しているだけではありません。専門業者ともなると、紙や布、ポリエステル繊維、のぼり用ポンジ生地、電照シートなど、印刷できる素材が幅広いことが特徴です。色ごとに版を...