• このエントリーをはてなブックマークに追加

選び方教えます!インクジェットプリンターを購入するには

各社から色々な機種が出ているインクジェットプリンター。きれいに印刷できて、比較的小型のため、家庭向きとして人気を集めています。 インクジェットプリンターを購入する際、その選び方は何を重視するべきでしょうか。価格、サイズ、多機能性、デザインなど、判断のポイントは多くあります。 しかし、いちばん始めに見るべきポイントは、どの種類のインクを使用できるかという点です。機種によって搭載しているインクの種類には違いがあり、それによって、その機種が写真印刷向きか、文字印刷向きかが違ってくるからです。 したがって、プリンター選びの際には、自分が何をメインに、どんな時に印刷するのか、その点をはっきりさせることがまず必要です。購入の目的をしっかり決めてから、それに一番合うものを選んでいきましょう。

おさえておきたいインクの違い 顔料インクと染料インクとは

インクジェットプリンターで使用するインクには、大きく2種類があります。顔料インクと、染料インクです。 顔料インクは、粒子が紙の表面に定着することで発色するインクです。くっきりと色が出て、にじみが少なく、乾きが速いのが特徴。耐水性・耐光性にも優れています。しかし微細な色の表現はやや苦手で、はがれに弱いという欠点もあります。また、光沢紙の印刷には向いていません。 染料インクは、紙の中に染みこむことによって発色するインクです。あざやかな発色で、繊細な色合いを表現でき、色の再現度に優れています。光沢紙に印刷すると特に美しく発色します。弱点は、にじみが出やすく水ぬれに弱いこと。また光にも弱く、保管する場所によっては、時間との経過ともにせっかくの色が薄れていってしまいます。

選び方の基本は、文字印刷メインか写真印刷メインか

2種類のインクのうち、文字印刷に向いているのは顔料インクです。細かい文字もにじまず、はっきりと印刷することができます。耐久性があるため、文字をメインとしたビジネス用書類の印刷にも適しています。文字印刷をメインとしてプリンターを使う人は、顔料インクを搭載するプリンターを選びましょう。 写真の印刷に向いているのは染料インクです。写真入りの年賀状印刷、デジカメプリントといった使い方には、こちらが適しています。写真の印刷をメインにしたい場合は、染料インク搭載のプリンターを選びましょう。 文字も写真も印刷したい!という人向けには、一部のメーカーから、黒は顔料インクを、他の色は染料インクを搭載した機種が出ています。黒の文字はくっきりと、写真は美しく印刷できるため、文字印刷・写真印刷を同じくらい使う人は、こうしたメーカーの機種を視野に入れて選びましょう。

ピックアップ記事

インクジェットの価格相場と魅力

一般家庭やプリントの量が少ないオフィスなどで利用されているインクを利用したインクジェットプリンターは速度は遅いものの、クオリティの高い画質は写真などのプリントに最適です。また、インク式はプリンター本体...

インクジェットカートリッジの取替回数について

最近では家庭用のプリンターはインクジェットタイプのものが大半になってきています。美しくプリントすることができるというのが特徴であり多くの人に受け入れられています。特に写真などを印刷する場合には美しく作...

短い納期で仕上がりもきれいなインクジェットプリント

インクジェット印刷はオフィスや家庭で活躍しているだけではありません。専門業者ともなると、紙や布、ポリエステル繊維、のぼり用ポンジ生地、電照シートなど、印刷できる素材が幅広いことが特徴です。色ごとに版を...